上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝ごはん は ナシゴレン



オードリーがティファニーで朝食をしたのなら、

ワタシのバリ島での朝ごはんは「ナシゴレンで朝食を」です(笑)


朝からハイカロリーですよね~~www

でもその他の日はちゃんとあっさりしたもの食べたので

安心してください(笑)

しかしこの写真をご覧頂くとおわかり頂けるように、

ナシゴレンだけでは気がすまず、こってりしたバナナジュースまで

飲んでいたワタシ・・・(--;) 今写真を見てこのカロリーの高いさに

ぞっと寒気を覚えました(爆)



バリ旅行もかなり後半!


この日記の次、すなわち次回を最後にしたいと思います。



ってなわけで、ジャカルタ、そしてバンデゥンに8日間程滞在した後、


またまたバリ島に帰ってきたわけですね~~~


ここから約4日間、日本帰国前に再度バリ島を満喫しました。


マッサージはお奨めです



バリ島へ行くなら、絶対やってみたいもの!!


それはやはりマッサージと答える方も多いかと思います。


「癒し」を求め、街中でも沢山日本人の方をみかけました。


特に若い年齢のカップルが多いのも特徴でしたね。


中にはどーーーみてもホステスさん+お客さん(!?)といった


層の方も見かけたり(笑)お忍び旅行かな~www



それはさておき、街の中にはかーなーりーの数のスパが


存在するバリ島。



お奨めは?と聞かれたら、実は3ヶ所しか行ってないので


できないmaiaですが、でも正直なところ、どこも同じような感じでは


ありました。90分コースで、全身マッサージ+赤すり+全身クリームパック+


フラワーバスで4000円程度。うん、これなら納得のお値段ですよね?



フラワーバス



フラワーバスの後は、ちゃ~んとお茶も用意してくれたりして、

なんだかお姫様気分に浸れる時間を過ごせます。

初めて行かれる方はびっくりされる方もいるかもしれませんが、

バリでマッサージを受ける際は、洋服はぜーーんぶ脱ぎ、

下着は下だけ、それもスパが用意する紙パンツにはきかえ、

浴衣のようなものだけ着てマッサージを受けます。



・・・・が、



マッサージ中はその浴衣も脱ぎ、結構な確立で


胸をパラーン!と出すことになります(笑)



マッサージのお姉さんに浴衣をはがされても驚かないでね(笑)




あとは、やはりマッサージをしている現地の人のお給料は安く、


終わったあと、気持ちのよい対応、そして一生懸命マッサージを


してくれたのなら、チップをあげると良いと思います。



90分ぐらいだったら2ドル程度でも、きっと喜んでくれます。

意外とこのチップに関して、日本ではそんな制度ないので

戸惑ってしまう方も多いかと思いますが、相場はこんな感じだそうです。



●スパでのチップ →2~3ドル

●車の駐車場係りさんへのチップ → 1000ルピア(10円程度)

●ホテルのボーイさんに荷物運んでもらったら → 1ドル~2ドル

●ホテルの部屋掃除 → 1ドル程度




インドネシアのお金の単位は「ルピア(Rp)」


貨幣の単価が安いため、恐ろしいほどゼロがあります(笑)



例えば、アメリカドルの6ドルが、「55,000ルピア」(汗)

日本円では500円ぐらいでしょうか。



こんな感じでゼロがとても多い。


なので何ミリオンルピアとか言われると、桁が違いすぎて

ちんぷんかんぷんになってしまう私でした、、、。




お金に関しては重要なことなので、ここでちょっと


maiaのちょっと良い話♪



現地での両替所ですが、


バリ島の街中にはたっくさん両替所があります。

そして、レートは大体の場合、外の看板に掲示されています。


レート表


↑ずばりこんな感じでですね。

各国貨幣価値が違うので、国別に書いてありますが、

わかりやすいように、日本円で説明します。


上記の写真の通り、看板でこの日の日本円レートは

「9110」と書いてあります。これは100円が9110ルピアになる

ということです。

もし1万円をかえる時は、ゼロを2個足すだけで、

911,000ルピアと計算します。



また、異常~にレートの良いところは気をつけてください。

看板にはすごく良い値段を書いていても、「手数料」と称して

上乗せしてくる所もあるそうですので、看板の良いレートの数字だけ見て、

その甘い誘惑に乗らないように気をつけてくださいね!



両替所では、一旦テーブルを離れるとクレームができません。


両替後は必ずその場で貨幣がちゃんとあっているか確認し、

テーブルを離れてくださいね♪




旦那といろいろ見た所、スミニャックエリアの「ビンタン」という

スーパーマーケットの近くにあるこの両替所は、そこそこレートも良く、

きちんとしているということでした。


両替所はこんな感じです


常にお客さん入ってますし、ぼったりもしないので、

お奨めなようです。

でも、いくらボラないからといって、安心しきって行かないで

下さいね。皆さんの大事なお金です。上記での注意事項を是非

参考にして頂き、両替されてくださいね!




晴れた日のバリでの光景



バリは結構晴れた日が多かったです。

でも一度スコールがくると、それはもう、すんごいどしゃぶり!(笑)

しかしそのあとカラッと晴れるその様にはびっくりしたりもしました。

バリ島ではかなり高い確率で1日に一回はどこかしらで

セレモニーをみかけます。またセレモニーの際には写真のような

ヒンデゥー教ならではの飾りも通りに飾られます。



参拝についていくのでした。



街中にはいたるところに祭壇やお寺があることは、

以前の日記でもお伝えしましたが、こうやってその中に

入ってみるのも新鮮です。仏教とかなり似ているヒンデゥー。

特にインドネシアのヒンデゥーは日本や中国の仏教に似ているのでした。




お買い物もかなり楽しみましたが、もし、バリらしく、そしてお洒落でかわいい

お皿などを探されたい方は、この「ジェンガラ・ケラミック」をお奨め!


ジェンガラケラミック



中は残念ながら撮影禁止なので、外見だけパチリ!

ここではハスの葉の形のお皿や、バナナの葉の形のお皿、

かわいいカエルの乗った灰皿、醤油刺しから調味料入れまで、

スタイリッシュな陶器が沢山買えます!!!

ヨーロッパの一流ホテルにて使われている有名なお皿です。

ご興味ある方は、こちらに日本語サイトがありましたので、

ご参考までに→Jenggala Keramik


調べたところ日本で買うと、軽く現地の倍の値段はしますので、

ご購入は、是非バリに行かれた際にされるとお得かと・・・

maiaも行くたびにちょっとずつ揃えています(^^)




今日の日記の最後になりますが、

バリ島での食べ物についてです。


ご存知の方も多いかと思いますが、土地が違えば

衛生面も水も違います。


バリでは基本的に水道水のお水を飲むのはNGです。

現地の人でさえ水を買って飲んでいます。



現地ではAQUA(アクア)と呼ばれる銘柄のお水が有名ですが、

1.5リットル、35円程度で買えますので、飲み水は必ず飲料水を買いましょう。



また、観光客の多いレストランや、ホテルなどでは大丈夫だと思いますが、

それ以外の地では、お水をはじめ、氷、生野菜などは口にしないで

おいた方が懸命と思います(笑)。


氷も現地の水を使っているし、野菜だって現地の水で洗ってます。

また、ワルンと呼ばれる、大衆食堂で食事をする時も、

maiaは必ず氷なしで、ペットボトルの水や、ビンに入ったジュースを

頼んでいました。そうすることで、食あたりを防ぐことができます。



Warung food(ワルンフード)



2年半前のバリ島+ボルネオ島旅行では、恐ろしいぐらいの

食あたりに見舞われたmaiaでしたが、今回は上記の点をしっかりと

気をつけ過ごしたところ、そんなたいした食あたりもなく、

快適な日々を過ごせました。


また、Habanerox3辛い物好きな方でも、インドネシア料理はかなりの数の

スパイスを入れているため、予想外にアタルこともあるそうですので、

はじめは少し控え目に食べると良いかと思います。



・・・とはいえ、今回は高級レストランなんかほっとんどいかず、

大衆食堂(ワルン)で食事をしまくったmaia一家



一人当たり150円ぐらいで食費が済むので、大助かりでもありました!

旅の最後の方には、かなり小汚い(といったら大変失礼ですが、、)

現地の、それも少し貧しそうなエリアにあるワルンで食事してましたし(笑)



上のスープみたいなのは、そこで食べたバクソ(牛肉のミートボール)を

自分で選んで食べれるスープ。50円なり~(笑)

参考までに、上で挙げたAQUAというお水のボトルも写真で

ご覧頂けるかと思います。



郷は郷に従えという言葉がありますが、

ある意味、ワタシの場合、現地の人たちとほとんど行動していたため、

せざる(行かざる)を獲なかったとも言えるかもしれませんが・・(苦笑)



しかし、旅行では味わえない、現地ならではの生活スタイルや

体験をできたのは、ありがたいことだと思っております。


あ~、それにしても、日記を読み直す度に思います。

ワタシの日記、「食」がよく出てますね(笑)



こんな日記でも温かく読んでくださる読者の皆様が、

maiaは大好きです。ありがとう!!




↓ ↓ ↓ ↓

皆様。お読み頂いた後は、是非1つづつポチッと1クリックお願い致します!
ランキングUP、がんばってます!!

新たに参戦!Blogランキング
↓ ↓ ↓



c4

 banner



スポンサーサイト




このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/04/01 22:28】 | #[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Rise! ~世界をまたいで暮らしてみよう!~ (旧: ゴー!ゴー!カナダ!!~第2章~ カメラ越しのVancouverです), All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。