上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





バンフの朝




の2日目は、1泊したベルマウントから


Jasper(ジャスパー)そしてBanff(バンフ)入りをしました。



距離にして311km程。

昨日よりだいぶまし!な距離ですが、



朝6時半起きです(苦笑)


普段8時半起きのワタシには少しこたえました(笑)





まずこの日向かった先は、


TP




巨大なトーテンポールをシンボルに、


鉄道の街 として有名なジャスパー



街の規模はとても小さく、カナダ鉄道建設時代に栄えた

ジャスパー駅が、観光スポットとなっています。



駅のすぐ側には、機関車が飾られており、

昔の面影をそのまま残していました。


Jasper-train Jasper-Station


駅は1900年代当初の感じが残っており、

壁には当時の宣伝ポスターなども飾ってありました~




ジャスパーではお昼を取るために、KFC(ケンタッキー)に

行ったのですが、サービスがかなりslow(ゆっくり)、、。


とってもゆっくりしている街でした(笑)






続いて向った先は、本日のメインイベントでもある


『Columbia Ice Feild』

コロンビア大氷原




アサバスカグレーシャーの表面を、

Snow Coach(雪上車)に乗り、


Veiw Pointまで連れていってくれるツアーです。


雪上車




普通に成人女性ぐらいの身長程ある

大きなタイヤのついた雪上車。



坂を下っても滑り落ちない機能と、


最高速度17キロというツワモノ車です(笑)



氷原に行くまでの8分程、バスガイドさんがいろいろな説明を


してくれます。このアイスフィールドの近辺の山々は、


下の方には木が生えているのに、山頂はNo vegetation、


何も木々がありません。また、かろうじて生えている木々は、


風のなびく方向だけ葉が生えていて、


逆側には何も生えないという現象が起こっています。




その木は見た目が旗がなびいているように見えることから、

これを英語ではFlaggingと呼ぶそうです。



さて、スノーコーチの中はこんな感じです。

車内の様子1 天井



天井も窓になっております。


砂利道から氷の上に入る前に、スノーコーチは必ず

氷河の水でタイヤを洗ってから、雪の上をいきます。


それにより、氷原が汚れないようにしているのだそうです。



氷原に立つ!


氷原の上に到着~~~




実はマイア、3年間にもここへ来たことがありました。


その時からの感想としては。


氷のエリアが狭まった!!!!え



そうなのです、昨今騒がれている 

『地球温暖化』
 でしょうか!?



その爪跡はここにもしっかりと見ることができたのです。



以前に比べ、氷のエリアの広さも、

そしてガイドさんの説明では、毎年10リットル分づつ

雪がなくなっていっている
そうで、


たった3年という間なのに、こんなにも変わるものか、

と、驚きを隠せませんでした、、。


そして、とても悲しい出来事でした。



氷河の水



しかしながら、今回も念願のものをGETできました!!


そう、この氷原では、超自然の、

氷河の水を飲むことができるのです!




これはずっと思っていたことですが、この水は、

今までマイアが飲んだどの水よりも美味しかった!!



そして、今回もまた飲めるのを楽しみに来たわけです。KIRA KIRA



しかーーし! 



以前はこの場所で『氷河の水がくめたのに!!』


という場所は、すでに砂利が入ってしまって、


そこの水は飲めませんでした。




前回行かなかったエリアまで足を伸ばし、


やっとこさ、氷河の水が飲めたわけですが、


味はかわりなく美味しかったです。



お水はしっかりとお持ち帰りです。


皆さんも行かれるときは、空のペットボトルなどを

持っていかれてくださいね



天然の水です!



え?生水飲んで大丈夫なの?』 

という声が聞こえてきそうですが、


この水は氷河の溶けた水なので、

超天然&自然な水なので大丈夫です♪



逆に、水道水には、220種類近くの薬が入っているので、

体にはこういった天然のお水が実はよいのかもしれません。





さて、その後もツアーは続きます。=3



ツアーの中ではかなりの数の湖を周るわけですが、


この日向った先で一番綺麗だった湖は


この Peyto Lake(ペイト湖) 

ではないでしょうか。


Peyto lake全貌



本気でバスクリンを入れたような、そんな水色です。

ご存知の方も多いかと思いますが、



なぜこんな綺麗な色がでるのか?



それは、冬に積もった雪や、氷河が溶け、春先からこういった


湖に流れ込むわけですが、その中に、氷河の粒子が


残るそうです。それが日(明かり)に当たると


反射して、こんな幻想的な色を作りだしているそう。



自然は本当に偉大です。山




そして、お次は、 Bow Lake(ボウ湖) です。



このBow lakeは、バンフのダウンタウンを囲む、

Bow Riverにもつながっているそうで、

とってもエメラルドグリーンの湖です。goku


そこでツアーに参加していたいろんな人と記念撮影!


旦那っちとPete マイアとルミアナ




申し遅れましたが、

このツアーには世界中の人が参加しています。


スイス、ロシア、ドイツ、サウジアラビア、ブラジル、メキシコ、

インドネシア、タイ、韓国、台湾、そして日本。



留学生にとっては、違う学校に通う他国の人と出会える

いいチャンスかもしれませんね!



マイアも写真を撮ったルミアナはブラジルからの留学生。


しかしながら、やはりヨーロッパや南米からの留学生は、

正直に、日本の留学生より断然英語のレベルが高い。

(日本のみんな、これはごめんね!
 しかし正直に思ったことなので書きます。
 でもワタシは日本からの留学生のみんなを応援してます!)




少なくとも皆、英語を聞くことは

あまり困難ではありませんし、

どんなにできなくても、

どーにかこうにか英語でも答えられます。



世界的基準から見ると、

やはり日本の英語教育はまだまだかな、、



というのが正直な意見ですが、

大きな違いは、積極性でしょうか。



やはり印象的に、日本からの留学生の方は静か目?

だった気が致しました。


日本の留学生、がんばって!!




それはさておき、この日の夜、


無事にBanff(バンフ)入りを果たしたわけですが、


夜は自由時間ですハート




実は、マイアのお友達が今Bnaffに住んでいて、


そのNちゃんと、

彼氏のAlex君に旦那っちと会ってきました。


さすが彼らはバンフ在住!!



お勧めしてくれたのも、


バンクーバーではあまり食べられない




エルクやバイソンの

お肉を食べれるレストラン





バンフのメインストリートに面したレストランの


『ELK&OARSMAN』 へ。




そこでマイアは、人生初、エルクのお肉を食べました!!



エルクバーガー



ちなみにエルクとは大鹿のことです。

ええ、ゲテモノ食いでごめんなさいね~(笑)



でもマイアも、日中、3頭ほどのエルクを見た矢先、


その肉を食べるのか、、、(汗)と


ちょっと心痛みましたが、



エルクのお肉、、

意外においしいのです!



お肉に少し脂身と甘みがあり、臭みはなし!!


Alex君はバイソンのお肉を食べていましたが、

バイソンのお肉も美味しいとのことでした。



せっかくアルバータに来たのだから、

ここでしか食べれないもの食べないとね!!!

ちなみに、日本では馬肉を食べますが、

カナダ人によると、


“Oh no~~!ホースは友達で、

食べ物ではないわー”



(||゚Д゚)ヒィィィ!(゚Д゚||)


と驚かれるのです。




あ、最後に、バンフで驚いたこと




バンフのホテルのほとんどは、


冷房がないそうです。 


 Σ(=゜ω゜=;) マジ!?




マイアたちが泊まったホテルにも、


もちろんありませんでした(笑)



聞くところによると、3~4ヶ所の、


新しいホテルには冷暖房があるけれど、


昔からあるホテルには冷房はありませんので、


皆様、暑い日のホテルステイは大変です(笑)



そんな感じで夜がふけていった2日目でした。




・・・つづく。





読んだ後は、是非1クリックお願い致します!

 banner







スポンサーサイト

テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行





うらやましー…

おひさしぶりでございまする。

青森のコーヒーロースター、
トニーでございまする。

氷原!

氷の原と書いて、氷原!!

うらやましー限りでございまする。

青森は、この時間、朝の9時で、30℃でぇ~す!!

ゆでだこ気分でございまする。

目の保養をさせていただきました。

ありがとーございます☆

でも、あづーい。。。
【2007/08/12 09:04】 URL | トニー #mQop/nM.[ 編集]
写真とっても綺麗ですね。
もっともっと載せてくださいよ~!!お願い(笑)

4年前にアサバスカ氷河に行き、20年前の印象と全く
違っていたことが、もの凄くショックでした。
氷の溶け方が、早すぎます。
年々、早くなっているそうですね。
氷河のお水は飲まなかった~!!また行かなきゃ(笑)

馬肉はお刺身も桜鍋も美味しい~♪なんて、
カナダでは口がさけても言えませんよ(笑)
【2007/08/13 00:11】 URL | momochi #nreZnn6c[ 編集]
は~~~、ロッキー素敵やね~~~。
私が最後にロッキーに行ったのはいつだろう。5~6年前かも。カナダは本当に綺麗な場所があるよね。
でも実は私はジャスパーに行った事がないのです。
いつか行ってみたいと思いつつ、バンクーバーからロッキーへの旅行って結構高いよね・・・。
なんだか素敵な写真たちに癒されたよ。
ありがとう!!
【2007/08/13 11:48】 URL | Shima #-[ 編集]
v-22トニーさんへ

こんにちは~~v-278
青森でも暑いのですねーーー!どうしても
涼しいイメージが。

私の実家は福岡の方なのですが、実家の方も皆
暑い暑い言っております。今年は全国的に猛暑なの
でしょうか・・!?

バンクーバーも晴れております!
日差しは強いものの、気候は涼しいです。
汗をかかない程度の暑さと言ったらよいのでしょうか。
1年の中でも一番過ごしやすい時期と言っても
いいかもしれません。

そうですそうです!ちょっとトニーさんにお伺い
したいのですが、私のブログ、変な所で
文字が改行とかされてませんでしょうか?

と、言いますのは、自宅で日記をUPする時は、
行間も綺麗にちゃんとした文章になっているのですが、
会社のパソコンから見ると、ちょっと長い文は勝手に
改行されていて、それも、上の文字と重なったりして
変なことになっております。

もしトニーさんの所でも同じ現象が起きておりましたら、
是非お伝え頂けないでしょうか?

突然ながら、宜しくお願い致します。(ペコリ)

【2007/08/15 06:14】 URL | Maia@管理人 #MMIYU.WA[ 編集]
v-22 Momochiさんへ

こんにちは~~!!

そうなんですよ==!!
氷河がだいぶ溶けてしまってて、、、
私もショックでしたーー

20年前であれば、さらにそう思われるはずですよね!
地球温暖化はここにも来ていた!といった感じでした。

もっと地球を大事にしないと・・・(涙)


私の実家の福岡の方でも、馬刺しはよく食べます。
でもそれをこっちの人に言うと、
ヒーーーー!!!といわれます。

ついでによく最近聞かれるのは、イルカは食べたことがあるか?と。

それはさすがにないですね~。(笑)

【2007/08/15 06:18】 URL | Maia@管理人 #MMIYU.WA[ 編集]
v-22 Shimaっちへ

Shimaっち~~!お久しぶりぃー!
゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

なんだかご無沙汰気味でしたーー
それでもって、日記ももっとUPせないかんのに、
仕事が多忙でなかなかそこまでいたってません、、、

ロッキーは良かったよー
ちょっとした息抜きになりました。
んで、来年はケベックかな!(笑)
ずっと行きたいのに行けてないケベック&モントリオール。
来年はこの2つに行きたいです!

ジャスパーは本当に小さな街だよ~
観光地はー・・・・特にないのかも。
なので私の日記のくくりも結構簡素なものに(笑)

でもいつかいけるといいよね☆


【2007/08/15 06:22】 URL | Maia@管理人 #MMIYU.WA[ 編集]
私もバンクーバーに来た年にESLスクールからの旅でロッキーマウンテン周辺に行きました。段々と記憶が薄れつつありましたが、Maiaさんの載っけてはる写真をみて、想い出してきました。

自然を守るには人間が手を加えない、近寄らない事だとはわかっていても、その自然の大切さを教える為には、人間に現実を見てもらう必要があるので、観光という形しかとれないのも事実です。

なんか矛盾していますが、お金をかけないと自然を守れない時代になってしまったんですね~。色々と考えさせられます。

私も彼に「日本人は馬食べるねん。」って言ったら、「なんであんなに綺麗な生き物を食べるねん。他にいくらでも食べるもんあるやん!!」と英語で捲くし立てられた経験があります。その後もなぜか「日本人は鯨も食べるし…」から始まり、他にもヤイヤイ言ってくるので、ムカついたから「そんなん言ってもカナダ人やってアザラシ狩りするやん」と反論。結局は文化の違いで収まりました。韓国人や中国人が犬(もちろん食用)を食べるのも私達日本人からすれば「オゲ~」ですが、それも文化やから…とここカナダに来て理解できるようになりました。

【2007/08/16 13:57】 URL | avocado #-[ 編集]
v-22 Avocadoさんへ


こんにちは!
私もAvocadoさんに同意します。
やはり人間って、人にいろいろ説明されるより、
自身の目で見ることによって、真実みを増しますもんね!

この自然を生で見て、そして自然の大切さを
知る為には、観光という手はぬぐえないのかも
しれませんよね。

馬肉をはじめ、世界にはいろんな国がありますし、
いろんな肉、食べてるんでしょうね(笑)
私がびっくりしたのは、以前知人に、
“ここカナダでも、赤ちゃんが生まれると
お母さんの胎盤を食べる所があるのよ”ヽ(*゚ω゚)ノ
と。

カナダででもあるんだから、広い世界では
もっともっと知られてないこともあるんでしょうね、きっと。

え?胎盤は肉と違うって??(笑)



【2007/08/18 04:41】 URL | Maia@管理人 #MMIYU.WA[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Rise! ~世界をまたいで暮らしてみよう!~ (旧: ゴー!ゴー!カナダ!!~第2章~ カメラ越しのVancouverです), All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。