上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



不思議な雲







昨日の夜、空を見上げると


フシギな雲に遭遇。



名づけて、



「天女のはごろこ雲」




それも、風に流されてか、



微妙に帯が右側についていた。







久しぶりにタイ料理が食べたくなった。



家からも比較的近い、Davie St.にある



「Thai Away Home」へ旦那っちと出向く。





最近、マイアの中で、


ちょっと試してみたいものがある。




それは、「チョーク・アート」




その名の通り、チョークで描くアート。




とはいえ、実際にあの黒板に書くときの




チョークかといえば、きっと違うと思う。



例えばこのお店の看板で言えば、この部分。





クローズアップ






こういうのを、習ってみたいなと思います。




どなたか、習えるところ、教えてくだはい。




オーストラリアなんかでは有名なようですが、




ここカナダではあまり見かけません。






・・・・としばしアートに見とれた後は、




お約束のお食事です


タイ料理



パッタイ(甘いタイ風ヌードル)と


むしょーに食べたかった、トムヤンクン。




味はもちろん悪くないが、


個人的には「Sala Thai」レストランが好きかな。






 




読んだ後は、是非1クリックお願い致します!

 banner





スポンサーサイト




beach

夕暮れ時のEnglish Bayにて。子供たちは砂遊び。
え?よく見れば、水遊びしてる人も??(寒いのにぃー)





夜の10時まで沈まなかった日が、



最近では9時前には暗くなるように



なってきました。





それを肌で感じるようになってきたので、



時間の許す限り、食後に散歩に出たりしてます。






晴れた夕方のEnglish Bayには、



まだまだたくさんの人が集まっています。





走る人。散歩する人。夕日を見に来る人。


友達としゃべったり、カップルがいたり。





それぞれの時間を楽しんでいる。






しかしワタシはめっぽう写真撮りに



走ってしまうのが常。




Bridge

ほのかな夕日を浴びる、Granville Bridge。




夕刻の頃は、一番気に入る写真が撮れやすい。





ある人は言った。





「夕日ではなく、朝日を見なさい。」




夕日は陰。朝日は陽の要素を持つという。






それでもって夕日を好む私は、、、陰?(笑)





sign

イエールタウンのシーフードレストラン。
シーフード部門でバンクーバーの銀賞レストラン




散歩がてら、イエールタウンにも足を伸ばす。





週末ともなればいつも人でにぎわうエリアです。



ここにはお洒落なレストランやパブ、ブティックが




軒を並べ、またそれと同時に、




モダンなコンド(マンション)も軒を連ねます。






人気のレストランは今日も大繁盛の様子。




restaurant

忙しそうなキッチンの様子。




最近のバンクーバー、




フュージョンクージンと呼ばれる、




洋風+多国籍料理がよく見られます。





その中でも日本料理を取り入れるお店も少なくなく、



カナダ人でもゆず刺身抹茶などは




よく知られており、そしてそういった




レストランでもよく食に取り入れられています。





ちょっとしたトレンドのようです。






今日の日記の最後に、



海沿いの公園から月を撮りたかったワタシ。



しかし、写真はブレまくり(笑)




この写真も見事にブレているのですが、



なぜか、月明かりに焦点が合って、



最後には気に入った1枚となりました。






ピントのばっちり合った写真が好きだけど、



しかしながら、写真はそうでないものの方が



実際絵柄的には良く見えるものも



あるのかもしれません。



これって日本人的感性でしょうか?!




日本人は、完璧な形のものより、



少し崩れた形を好むと言われています。




その良い例が、陶芸。



完璧に丸い無機質なものより、



なぜかちょっとゴテッとしている、



崩れたぐらいの形の方が趣きや手作り感を




感じる。そういう人種なのだと、








昔読んだ、韓国人作家、呉 善花さんの書いた




「ワサビの日本人と唐辛子の韓国人」という



本に書いてありました。




ちなみにこの本、かなり良かったです。






そしてこれがその写真です。





moon light




この写真の公園は、マイアが結婚セレモニーを



挙げた、思い出の地でもあります。



家からも近く、今でもよくお散歩コースと



なっております。





少し冷たい風を頬に受け、



秋の訪れをひっそり感じる



そんな夕暮れです。














読んだ後は、是非1クリックお願い致します!

 banner




テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報



モネの空



日曜日の午後。



散歩がてら、グランビル橋を渡って、


グランビルアイランドへ行って来ました。




晴れた日の散歩は最高に気持ちがいい!!


橋の上を歩くと、風も吹いてきて


気分爽快です。


橋の電柱には、クロード・モネ展の


宣伝だと思いますが、



モネの絵の旗が飾られていました。





グランビル橋の上から



橋の丁度中心部分から、臨んだ景色。


向こうに見える橋は、Burrard(バラード)橋です。


下には週末をゆったりとボートで


過ごす人たちも見えました。




橋を渡りきると、少し登り坂になっており、


この道はずっとリッチモンドという街まで


続いていきます。


Street



カナダでの車の運転は、


道幅が日本に比べ、広い点で、


運転はしやすいかもしれません。




しかし、縦列駐車をしなくちゃ


いけないことも多く、そこがマイアの


苦手な所、、、。






グランビルアイランドは、週末だけに、


人でイッパイでした。




そんな午後のひとコマでですが、


ムービーを撮ったのでどうぞ。




運良く(!?) 鳥達が旋回するところが


撮れました















グランビルアイランドへ行ったあと、


最近ちょこちょこ行っている、


チーズ屋さんへ。



Les amis du FROMAGE


チーズ屋さん



そこでいつものBrieチーズを買い、


家路につきました。



このお店は知る人ぞ知るといった感じで、



現地の人には多く知られていると思いますが、



こっそりとある感じのお店で、



またそこが好きです。






チーズをはじめ、スープ、


チーズによく合うスナックなども


販売されております。




店員さんもとても親切で


オススメのチーズ屋さんです。





ちなみにこの日に買ったBrieチーズ。


brieチーズ



サイズを比べるために、普通のペンを



横に置いてみましたが、結構大きめカット。



それでいて、4ドル98セント(税込)でした。





世界各国の有名チーズから、



カナダの特産チーズまで、



沢山の種類があって、見てるだけでも



楽しめるお店です。





最後にお店ですが、



1752 West 2nd Avenue

Vancouver, BC

(604) 732-4218





お休みはなく、毎日開いていると思います。


週末日曜日は午後5時までだそう。(店員さん談)




行ってみる価値アリのお店です。






読んだ後は、是非1クリックお願い致します!

 banner



テーマ:小さな幸せ - ジャンル:ライフ






Goldenの朝




5回に渡ってお届けしたロッキー旅行。

本日が最終日となります。




3日目の夜、キャンプファイアーなんかもして


楽しく過ごしたGoldenという町の朝。



日差しが少しだけ、バンクーバーより

強い気さえしてしまうほど晴れた朝。



高い建物のない小さな町では、

どこを歩いても日向なのでした(笑)




そんな町、Goldenに別れを告げて

一行は少しづつバンクーバーへの

帰途に着くのでした。






バスでのツアーも4日目となると、


だいぶ疲れもピークを迎えます。--



しかし、ただバスの中にいるのではなく、


この日もちゃんと観光があったのでした。





最初に向かった先は、


カナダの大陸横断鉄道が完成した

1885年11月7日




それを記念して作られた場所、

ラスト・スパイク




BC州、クレイゲラキで

ドナルド・アレクサンダー・スミスが

振り上げた大槌によって、

貴重な歴史のシンボルになりました。



ラストスパイクにて



ここには短いレールと、金槌(かなづち)

記念として飾られていました。



また、その横には当時走っていたと思われる列車や


小さなお土産屋さんもありました。



ラストスパイク
機関車


ヨーロッパより多くのカナダ移民が来ていたこの時代。


広大な敷地の広がるカナダ国内で、物資の運搬は

とても大事だったと聞きました。



1つの大きな国へ成長するためには、

国内のレベルが均等にならないといけない。



そんな理由もあり、カナダの西と東を結ぶ

鉄道が必要不可欠だったと言います。



ちなみにカナダの


西海岸から東海岸まで、


実に14,000kmという距離を持つこの国。



そこにある主要都市をカバーしているのは


このカナダ鉄道だそうです。





続いて向かった先は、

オセロトンネル



このトンネルは5つのトンネルから

構成され、なんと、約100年程前

掘られたトンネルだとか!!!


オセロトンネル



トンネル内はむき出しになった岩肌が見えます。


また、特にライトなども設置されて


おりませんので、日の光だけを頼りに


歩いていかないといけないのです。



その為、注意しておかないと、


通行人にぶつかりそうになることも・・・。



それぐらい足場も暗く、見えにくいです。

トンネルの中はなんだか湿気もあり、

天井から水がしたたっている場所もあり。




子供たちは面白がって


「Boooo~~~:ブーー」

(英語でお化けが出る時の音)



なんか叫んでました(笑)





バスツアーの最後、


一番最後に訪れた場所は、


BC州で一番大きいとされている


Shuswap Lake



BC州で一番大きな湖


ガイドのPete。なかなか渋くキメテくれました(笑)



とにかくダダっ広い!!!



バスからもずっとこの湖を見ていましたが、


かなりずっと湖の景色が続いておりました。


やはり何もかもが大きいカナダですカナダ



マイアの住むバンクーバーでも


自然はたくさんありますが、


やはり、一歩外へ出ると


こんなにも手のつけられていない


美しい自然のあるのに、今回の旅では


とても感動致しました。




今、地球温暖化や、自然破壊など、

世界中で大きな話題となっております。



しかし、ある程度整った環境のもと

育った私たち現代人は、

自身の便利さの追求のために

この美しい自然たちを

壊してきてしまいました。



今では、自然を見るために

お金を出さないと見れないように

なってしまったわけです。




この自然を守るために、

ほんの些細なことでいいと思います。



 電気をつけっぱなしにしない。

 ゴミの分別をする。

 買い物時の袋を減らす。

 たまには車に乗らず、歩きや自転車にしてみる。



こんな小さなことでも、きっと

この美しい自然を守るために

何かしら役にたっていくと思っております。


マイアもできるだけ心がけて実行しています。



人がしていないからいいや、と思うのではなく、


今この日記を読んで下さったそこのあなたから


始めてみてください。



10年後も、20年後も、


そのまた先の、私たちの孫の代でも


この自然が見られるように、


またこの自然をみて、


「わぁ~本当に綺麗だ~」


と、いう声が聞けるように、


願っています。





長い日記にはなりましたが、


ロッキー旅行日記を最後まで


読んで頂き、ありがとうございます!!




次回からはまたバンクーバー日記に


戻りますが、これからも、どうぞ


よろしくお願いいたします!!






読んだ後は、是非1クリックお願い致します!

 banner


テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体


 


ゴンドラーーーーgoku


ゴンドラに乗る



高所恐怖症のマイア。

“バンフの街を一望できるよ”の

ガイドの一言に、まんまと乗ってしまいました(笑)



ゴンドラがどんどん上に上がっていくごとに、

ワタシの足は力が抜けそうに、、


足がすくむのです。


ゴンドラが揺れる度、キャー!と

声を上げてしまいそうになりました(笑)


どうにかこうにか無事に山頂へ到着(-`Д´-;A)


生きた心地のしなかった8分間の後には、

バンフの街を一望できる展望台と絶景が

広がっていました!!

ヤッホーイ!


ヤッホーーーーー!!


まるでニ重撮影のような写真ですが、本物です(笑)



ロッキーの山々をバックに、

喜びのピースサインのマイア(笑)


いい記念の1枚になっております。



山頂では20分程のハイクができます。



山頂を歩くとは言え、きちんと道ができており、

そこを歩けるのですが、微妙に上の方へ

上がっていくことで、空気が薄くなるのを

感じます。中には酸素が薄いため、頭痛が

する人もいるそうですが、マイアたちは大丈夫でした。


また、頭痛を防ぐためには、沢山水を飲むと良いと、

ガイドのPeteが教えてくれました。





展望台の終着点にも着き、

戻りの道を歩くときに、




おや、まあ!!


ワイルドアニマル(野生動物)に遭遇しました!!



マウンテンゴートに遭遇!!




これはマウンテンゴート(山羊)の雌だそう。



それにしても、人慣れをしているのか、

まるで写真を撮ってちょうだい♪と

言わんばかりに、止まってくれました(笑)

こんな野生動物にも会えるバンフ、

とってもステキですよね





ゴンドラの後は、一旦バンフのダウンタウンへ。


お土産ショッピングも踏まえ、

バンフのダウンタウンを見て回れる時間です。


バンフのダウンタウン



こんな可愛い建物がたくさん並ぶバンフの街。

バンクーバーと違い、皆さんが想像している

カナダのイメージの町並みがあるかもしれません♪





続いて向った先は、


エメラルド湖

その名の通り、エメラルド色の湖が広がります。

エメラルド湖



写真ではどの湖も同じに見えるかもしれません。

しかし、このエメラルド湖は、前回載せた

レイク・ルイーズよりも、もっとエメラルド色でした。




景色もさながら、ここにあるお土産屋さん、

とっても可愛かったです


お土産やにて



左にあるこの木彫りの熊さん、

欲しかったです~~~(涙)



この日もかなりハードスケジュールでしたが、


夜には、バンフの街を離れ、


BC州のゴールデンという街へ。




同じツアーの人たちとの


Warming upの1つで、


キャンプファイアーが行われました。


キャンプファイアー



キャンプーファイアーの際、カナダではよく


マシュマロ・ローストと呼ばれる、


マシュマロを弱火で焼き、食べる食べ方なのですが、


こんなイベントも、カナダの文化を知る上で


良い経験かもしれませんよね。



この後は、いろ~んな国の子たちと話し、


歌い、一番遅くまで居た人たちは、


夜中の3時まで盛り上がっていたそうです。



う~ん 若いってすごいですね~~(笑)




こうやって、3日目もふけていきました。







読んだ後は、是非1クリックお願い致します!

 banner


テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報




ステキなランチ


一生に一度はこんな絶景をみながらランチをしてみたい!
ここにはそう思わせる景色がありました。




旅の3日目は、バンフを中心に周りました。



ロッキーマウンテン旅行の中でも、


特に印象に残っているのはやはり、


レイク・ルイーズです。


全貌を臨む




エメラルドグリーンの湖に、それを囲む山と雪山。


波もたたない静かな湖は、時が経つのを忘れ、


人の目を釘付けにしてしまいます。





同じバスの子たち




夏の時期の週末ともなれば、カナダ国内に限らず


世界中から観光客が集まります。


写真の若い子たちはスイスから来た、


同じバスツアーの子たち。




ザブーン!




なかには、海水パンツ1枚になって

湖にザプーン!! と飛び込んだ子達も!(笑)


かなりみんなの注目の的でした~~(笑)





この湖では、これまたボートもできます。


ボートもできます


1時間30ドル~40ドルでボートが楽しめます。


最大3人まで一緒に乗れます。


波もない湖ですので、初心者の方にも


とても簡単なようです。




この綺麗な湖で撮る写真はきっと良い記念に


残るでしょうね~~





湖のすぐ側には、1800年代から続く


老舗ホテル、シャトー・レイク ルイーズ

があります。




512室ほど部屋があり、1泊ウン百ドルと


シーズン中はかかるそうです(ひぇー




ホテル内ホテル内2



ってことで、ホテルにはとても泊まれませんが、


記念に館内だけでも写真をパチリ!




ラウンジでは生のハープ演奏をしている


女性もいて、とても高級感漂うホテルです。




ちなみにここで、知人が働いているので、


サプライズで彼女の仕事場へ行ってみました。




運良くその日知人は働いていて、約1年ぶりの



再会となりました!!






・・・バンフ3日目日記、続きます。





読んだ後は、是非1クリックお願い致します!

 banner







バンフの朝




の2日目は、1泊したベルマウントから


Jasper(ジャスパー)そしてBanff(バンフ)入りをしました。



距離にして311km程。

昨日よりだいぶまし!な距離ですが、



朝6時半起きです(苦笑)


普段8時半起きのワタシには少しこたえました(笑)





まずこの日向かった先は、


TP




巨大なトーテンポールをシンボルに、


鉄道の街 として有名なジャスパー



街の規模はとても小さく、カナダ鉄道建設時代に栄えた

ジャスパー駅が、観光スポットとなっています。



駅のすぐ側には、機関車が飾られており、

昔の面影をそのまま残していました。


Jasper-train Jasper-Station


駅は1900年代当初の感じが残っており、

壁には当時の宣伝ポスターなども飾ってありました~




ジャスパーではお昼を取るために、KFC(ケンタッキー)に

行ったのですが、サービスがかなりslow(ゆっくり)、、。


とってもゆっくりしている街でした(笑)






続いて向った先は、本日のメインイベントでもある


『Columbia Ice Feild』

コロンビア大氷原




アサバスカグレーシャーの表面を、

Snow Coach(雪上車)に乗り、


Veiw Pointまで連れていってくれるツアーです。


雪上車




普通に成人女性ぐらいの身長程ある

大きなタイヤのついた雪上車。



坂を下っても滑り落ちない機能と、


最高速度17キロというツワモノ車です(笑)



氷原に行くまでの8分程、バスガイドさんがいろいろな説明を


してくれます。このアイスフィールドの近辺の山々は、


下の方には木が生えているのに、山頂はNo vegetation、


何も木々がありません。また、かろうじて生えている木々は、


風のなびく方向だけ葉が生えていて、


逆側には何も生えないという現象が起こっています。




その木は見た目が旗がなびいているように見えることから、

これを英語ではFlaggingと呼ぶそうです。



さて、スノーコーチの中はこんな感じです。

車内の様子1 天井



天井も窓になっております。


砂利道から氷の上に入る前に、スノーコーチは必ず

氷河の水でタイヤを洗ってから、雪の上をいきます。


それにより、氷原が汚れないようにしているのだそうです。



氷原に立つ!


氷原の上に到着~~~




実はマイア、3年間にもここへ来たことがありました。


その時からの感想としては。


氷のエリアが狭まった!!!!え



そうなのです、昨今騒がれている 

『地球温暖化』
 でしょうか!?



その爪跡はここにもしっかりと見ることができたのです。



以前に比べ、氷のエリアの広さも、

そしてガイドさんの説明では、毎年10リットル分づつ

雪がなくなっていっている
そうで、


たった3年という間なのに、こんなにも変わるものか、

と、驚きを隠せませんでした、、。


そして、とても悲しい出来事でした。



氷河の水



しかしながら、今回も念願のものをGETできました!!


そう、この氷原では、超自然の、

氷河の水を飲むことができるのです!




これはずっと思っていたことですが、この水は、

今までマイアが飲んだどの水よりも美味しかった!!



そして、今回もまた飲めるのを楽しみに来たわけです。KIRA KIRA



しかーーし! 



以前はこの場所で『氷河の水がくめたのに!!』


という場所は、すでに砂利が入ってしまって、


そこの水は飲めませんでした。




前回行かなかったエリアまで足を伸ばし、


やっとこさ、氷河の水が飲めたわけですが、


味はかわりなく美味しかったです。



お水はしっかりとお持ち帰りです。


皆さんも行かれるときは、空のペットボトルなどを

持っていかれてくださいね



天然の水です!



え?生水飲んで大丈夫なの?』 

という声が聞こえてきそうですが、


この水は氷河の溶けた水なので、

超天然&自然な水なので大丈夫です♪



逆に、水道水には、220種類近くの薬が入っているので、

体にはこういった天然のお水が実はよいのかもしれません。





さて、その後もツアーは続きます。=3



ツアーの中ではかなりの数の湖を周るわけですが、


この日向った先で一番綺麗だった湖は


この Peyto Lake(ペイト湖) 

ではないでしょうか。


Peyto lake全貌



本気でバスクリンを入れたような、そんな水色です。

ご存知の方も多いかと思いますが、



なぜこんな綺麗な色がでるのか?



それは、冬に積もった雪や、氷河が溶け、春先からこういった


湖に流れ込むわけですが、その中に、氷河の粒子が


残るそうです。それが日(明かり)に当たると


反射して、こんな幻想的な色を作りだしているそう。



自然は本当に偉大です。山




そして、お次は、 Bow Lake(ボウ湖) です。



このBow lakeは、バンフのダウンタウンを囲む、

Bow Riverにもつながっているそうで、

とってもエメラルドグリーンの湖です。goku


そこでツアーに参加していたいろんな人と記念撮影!


旦那っちとPete マイアとルミアナ




申し遅れましたが、

このツアーには世界中の人が参加しています。


スイス、ロシア、ドイツ、サウジアラビア、ブラジル、メキシコ、

インドネシア、タイ、韓国、台湾、そして日本。



留学生にとっては、違う学校に通う他国の人と出会える

いいチャンスかもしれませんね!



マイアも写真を撮ったルミアナはブラジルからの留学生。


しかしながら、やはりヨーロッパや南米からの留学生は、

正直に、日本の留学生より断然英語のレベルが高い。

(日本のみんな、これはごめんね!
 しかし正直に思ったことなので書きます。
 でもワタシは日本からの留学生のみんなを応援してます!)




少なくとも皆、英語を聞くことは

あまり困難ではありませんし、

どんなにできなくても、

どーにかこうにか英語でも答えられます。



世界的基準から見ると、

やはり日本の英語教育はまだまだかな、、



というのが正直な意見ですが、

大きな違いは、積極性でしょうか。



やはり印象的に、日本からの留学生の方は静か目?

だった気が致しました。


日本の留学生、がんばって!!




それはさておき、この日の夜、


無事にBanff(バンフ)入りを果たしたわけですが、


夜は自由時間ですハート




実は、マイアのお友達が今Bnaffに住んでいて、


そのNちゃんと、

彼氏のAlex君に旦那っちと会ってきました。


さすが彼らはバンフ在住!!



お勧めしてくれたのも、


バンクーバーではあまり食べられない




エルクやバイソンの

お肉を食べれるレストラン





バンフのメインストリートに面したレストランの


『ELK&OARSMAN』 へ。




そこでマイアは、人生初、エルクのお肉を食べました!!



エルクバーガー



ちなみにエルクとは大鹿のことです。

ええ、ゲテモノ食いでごめんなさいね~(笑)



でもマイアも、日中、3頭ほどのエルクを見た矢先、


その肉を食べるのか、、、(汗)と


ちょっと心痛みましたが、



エルクのお肉、、

意外においしいのです!



お肉に少し脂身と甘みがあり、臭みはなし!!


Alex君はバイソンのお肉を食べていましたが、

バイソンのお肉も美味しいとのことでした。



せっかくアルバータに来たのだから、

ここでしか食べれないもの食べないとね!!!

ちなみに、日本では馬肉を食べますが、

カナダ人によると、


“Oh no~~!ホースは友達で、

食べ物ではないわー”



(||゚Д゚)ヒィィィ!(゚Д゚||)


と驚かれるのです。




あ、最後に、バンフで驚いたこと




バンフのホテルのほとんどは、


冷房がないそうです。 


 Σ(=゜ω゜=;) マジ!?




マイアたちが泊まったホテルにも、


もちろんありませんでした(笑)



聞くところによると、3~4ヶ所の、


新しいホテルには冷暖房があるけれど、


昔からあるホテルには冷房はありませんので、


皆様、暑い日のホテルステイは大変です(笑)



そんな感じで夜がふけていった2日目でした。




・・・つづく。





読んだ後は、是非1クリックお願い致します!

 banner







テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行


バスからの光景


某テレビ番組(世界の車●から)のような光景がここに!




行ってきました、ロッキーマウンテンに。


ざっと3年ぶりでした。


先日は突然この旅をここでお知らせしましたが、

知人が某バスツアーの社長婦人で、その方より

素敵なオファーを頂いたので、今回はこの、

バスツアーでのロッキーマウンテン3泊4日の旅

旦那と出かけてみました。




朝8時15分に集合し、大型バスにて、

ここバンクーバーから、お隣の州、アルバータまで行くのです。




旅の初日は バンクーバー → ベルマウント(Valemount) まで



距離にしてなんと、690キロの旅なのです!!


地図をみたい方はここから→Click!




その長い旅の途中、早速いくつかの観光スポット


止まりながらいくわけですが、


この初日のメインスポットの1つからまずご紹介します。





まずは Spahats Falls(スパハット滝)


スパハット滝にて



見て下さい!!この切り立った岩!!!




下を覗くだけでもちぢ込みあがってしまいそうです!!!


高所恐怖症のマイアには、のっけから難関でした(笑)




が、ガイドのPete(ピート)の説明により、

とても興味深いものであることが判明。



まずはこの岩ですが、よく見ていただくと、

地層があることがわかります。


それは写真からも見ていただけるかと思います。




この地層により、いつぐらい前からあるものか、


また、そこから化石など出てくるので、


それにより、生物学上の研究もできるということです。





また、これだけ切り立った岩山なのに、

流れている滝の滝底は、丸く形を成していました。




これは何千年という長い時間の中、

滝から落ちてくる水により、岩の角が取れ、

滝つぼは丸い形を成しているということでした。




さらに興味深いことに、



この滝を20秒、瞬きをせず見つめると、

とても面白い現象がおきるのです!!






滝をじーーーーっと20秒ほど、瞬きせずに見つめる。





そうすると、


周りの岩肌が、上に登っていくように


見えるのです!!!!!






これにはマイアも旦那もビックリ!!!


見つめていると、本当に、岩肌が上に登っていくように見えます。




これはOptical Illusion(目の錯覚)で、


滝は下に落ちていくのに、それを見つめることで、


目が背景を捉える上で、錯覚を起こし、

今度は周りのものが上に上がっていくように

見えてしまうのだと。




いやーー、人間の体もいっぱい不思議がありますね~~~





ちなみに、どれぐらい大きな滝かを見ていただくために、


赤で人を示しています。これで少しスケールがわかればと思います。






続いては、この日の目玉!



Mt.Robson(ロブソン山)へ向いました。



余談ですが、バンクーバーの目抜き通りの名前も

Robson Streetです。はい、余談でした(笑





雨は降っていなかったものの、


やはり山の天気がわかりやすいと言うように、


そこ1時間でも急激に晴れたり、曇ったりを繰り返す天気。





丁度Mt.Robsonへ到着した時は運悪く、曇り、、、。


Mt.Robson

Mt.Robsonは写真右手の雲で隠れてしまっている部分にあります。




この山は、ブリティッシュ・コロンビア州で


一番高い山とされており、標高3954mで、



日本一高い山、富士山が標高3775.6mということで、


富士山より高い山となります。




ちなみにカナダで一番高い山はユーコン準州にある山だとか。。


こんなに高くても、カナダNo.1にはなれないわけですね。。




これだけの標高を誇るMt.Robson。


地元の人でもかなりラッキーじゃないと

その山の頂は、常に雲に隠れて見えないのだそう。




山は見えなかったものの、案内所があり、


その中にはBC州の自然についての資料館がありました。



はく製のグリズリーベアー


ガオーーーー!!!!



こちら、カナダ人ならきっと誰でも知っている


GRIZZLY BEAR(グリズリー・ベアー)のはく製





ブリティッシュ・コロンビア州やロッキーのあるアルバータ州では


このグリズリー・ベアーと、Black Bear(ブラック・ベアー)


見られているそうです。




グリズリー・ベアーは、ブラック・ベアーよりも

格段大きな体をしているそう。





熊といえば、よくこう言われますよね。


『熊に遭遇したら、死んだふりをしろ』
 、と。

または、  『木に登れ』 とも言われます。



この方法が通用するのはグリズリー・ベアー。



もう1つのブラック・ベアーにもし遭遇した場合は、



一目散に逃げろと(笑)





ブラック・ベアーは自分より大きなものを恐れるそうで、


遭遇した時は、自分を大きく見せるとよいそうです。



さらに、木に登っても、ブラック・ベアーは

木登り名人らしく、まったく意味がないのだとか(笑)



ちなみに、人がよく遭遇するのはブラック・ベアーということです。


皆様も、遭遇した際は、是非一目散に逃げてくださいね♪(。→ˇ艸←)





話は戻りまして、なかなか見ることのできない


グリズリー・ベアー。


旦那っちは真剣に見入っていました(笑)


はろ~♪




その他にもいろんな動物のはく製がありましたが、

中でも興味を持ったのが、『ハミングバード』


ハミングバード



日本名、ハチドリです。



ハミングバードといえば、1分間に500回も心拍数がある鳥として

有名ですよね。人間は1分間に50回程度でしょうか。




思っていたより小さな鳥で、マイアはビックリ!!!


マイアの指と比較してみてくださいね!






さてさて、初日は本当に 『移動の日』


ホントに、バスの中にいる時間が長い日でした。




Lodge




ホテルに到着したのは夕方7時ごろでした。



さて♪長旅の疲れを癒すか~(o´▽`o)♪



と、思った矢先 ホテル、完全停電!!




一体何時から停電になっていたのかはわかりませんが、


このホテルだけでなく、かなりの広域に渡っての、停電



That's Canada!!

(これがカナダです!)



かなり気配り上手なガイドのPeteも、

こんなジョークを飛ばすぐらいしかできないハプニング(笑)



しかし、この日は週末。それもロングウィークエンド。

さらにはこんな片田舎、一体誰が休み返上で停電を直すのか、、!?




疲れを癒すどころか、日のあるうちに夕飯を探して、

お風呂も入って、、と、結構アタフタ(-`Д´-;A)




このホテル、Valemountという、それもそのダウンタウンからも

離れた、かなり田舎に位置し、お店があまりない(苦笑)




さらにこの停電により、どのお店も閉店、、Σ(=゜ω゜=;) マジ!?




仕方なく、唯一この時間開いていた(というか無理やり開けていた)


ステイ先のホテルにあるカフェテリアへ・・・。


black out!

独自の発電モーターを使って、
キッチンでどうにか料理ができたようだ、が、
店内の電気がない、、。



メニューはたった2つ




①チーズバーガー、10ドル


②チキン コルドンブルー(チキンの中にチーズとハムが入っている)

 小さいサイズ、$15、 大きいサイズ、$20





と、ここぞとばかりにホテルも商売!!(笑)





それも、有り得ないぐらいの高値!!!!





でも食べ物がないと困るので、しぶしぶそこで


チキン コルドンブルーの小さいサイズをオーダー。




で、来たのが これ↓


いけてない料理




写真ではそのサイズがとてもわかり辛いのですが、


実際のサイズは、 食べ物の取り皿程度 だと思ってください。







マジで小さい!!!!!





いや、本気で小さいですからっっっ!!!






そしてさらに、お皿の上の食べ物、ほとんど冷凍品だろーー!!!




グレイビーソースのかかったポテトはインスタント。


野菜は冷凍野菜をチン!


そして、メインのチキンは、、、、、、



2~3口で食べ終わってしまいました(大汗)





おいおい、これで1皿15ドルだって!!!!



え~~パンもなんにもついてないしぃーーーー




What a rip off!!!(なんてぼったくりなんだ!)




と、食べ終わったその時、


電気が復旧しました。






OMG!!(Oh my God!!)


☆+゚(゚艸д<。o)。+゚




あともう少し待てれば、


もっと美味しいご飯はありつけたかもしれない、、、




かなり後悔が残ったため、


夜はBarで仕切りなおしたのでした。



しかし、腹が減っては戦はできぬ!!


背は腹に変えられなかった体験なのでした~。・゚・(ノ∀`;)・゚・





引き続き、ロッキーマウンテン旅行続編いきますよ!!!



これからが本番です!!


続々ステキなロッキー写真をUP予定です!! 



その前に、




本日もこちらを1クリック、


お願い致します♡










ランキングUPにご協力を! 


 



これが元気の源です!
愛の1クリックお願い致します♪



さてさて今日は何位かな?


 こちらをポチリとクリックしてくださいネ!


↓  ↓  ↓


 banner


Thank you♪

  


 



テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行




Banff,lake





突然ですが、明日から3泊4日で、


お隣のアルバーター州のBanff(バンフ)まで、


旦那っちと旅行に行って参りま~す♪



マイアにとっては2度目のバンフ。


でも旦那っちには初のバンフです。



そのため、必要以上に物を持っていこうとする旦那っち。


それに対し、“そんなの現地にあるって~”


と適当なマイア(笑)




このデコボココンビで楽しんで参ります(笑)




また戻ってきましたら、ここでもロッキー写真を


載せたいと思っておりますので、どうぞお楽しみに!!




それでは、行ってきまーーーす!!





゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚




(ちなみにTOPの写真はWEBからの借り物です)









↓ 


↓ 


 


ランキングUPにご協力を! 


 



バンフトリップの写真を見たい方!
愛の1クリックお願い致します♪



さてさて今日は何位かな?


 こちらをポチリとクリックしてくださいネ!


↓  ↓  ↓


 banner


Thank you♪

   


 





テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2007 Rise! ~世界をまたいで暮らしてみよう!~ (旧: ゴー!ゴー!カナダ!!~第2章~ カメラ越しのVancouverです), All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。